声優にはどうやってなるの?色々な道筋がある

声優養成所からのデビューが一般的

声優のなり方ですが、基本的にははっきりと決まったなり方はありません。声優になるのに免許が必要なわけでもないですし、何かをすればなれるという物ではないからこそ、難しいんですよね。
ただ、ある程度決まった道のりというのはあります。大きく分けると、オーディションに合格して声優デビューする人、声優養成所を卒業して、そこの繋がりで声優になる人もいますね。元々演劇や舞台をやっていた人なら、スカウトされるというケースもあります。しかし、一般的に一番多いのが、声優養成所から声優になるというパターンですね。そのため、声優にになりたいなら、まず声優養成所に通う事を考えると良いでしょう。

声優養成所を選ぶ時のポイント

声優になるために、養成所に通おうと思った時、どこに通えば良いか迷いますよね。
まずは、当然の事ですがカリキュラムの内容はしっかり見ておきましょう。養成所によって、全くの未経験者に向けたカリキュラムをしている所や、ある程度経験がある人向けにカリキュラムが組まれている所などがあります。全くの未経験者なら、腹式呼吸や発声など、基礎の基礎から教えてくれる所を選ぶようにしましょう。
また、現役で声優をしているプロが教えてくれる養成所というのも、大きなメリットになります。ただ知識やテクニックを教えてもらえるだけでなく、声優の仕事についてや、現場の詳しい話しなどを聞く事ができます。
卒業後の事も考えて、プロダクションが運営している養成所もおすすめです。パイプがあるので、そのまま声優としての仕事を貰いやすくなります。

声優の養成所とは一般的に声優事務所が運営する育成機関のことをいいます。事務所と直結しているので養成期間に実力をつけて事務所が行うオーディションに合格すればその事務所に所属できるといった特徴があります。