イラストを描くことが好きな方に!おすすめしたいテクニックとは

上達するために必要なこと

イラストを描くことが好きな方の中には、さらに上達したいと願う傾向があります。まずは、基礎的なデッサンを何度も繰り返して、表現力を身につけることがポイントです。果物や人物などをモデルにして、デッサンを繰り返しましょう。スケッチブックに、鉛筆で描く方法がおすすめです。また、石膏像をモデルにして描く方法も有効です。さらに、立体感や構図などを学ぶために、山や町などの風景がを写生することも重要です。遠近法を会得することによって、リアルな背景を描くことができるようになります。尚、彩色について勉強することも大事です。カラフルなイラストは、鑑賞する人の目を惹きつけるからです。色鉛筆や絵の具のほかに、水性マーカーやカラーインクなど、文房具の種類は豊富です。自分の作風に合わせて選ぶことがコツです。

もしもプロを目指しているなら

将来的に、プロのイラストレーターになることを目指しているなら、パソコンやスキャナーなどを使いこなせると便利です。パソコンでイラストを描くことができますし、そのまま依頼先にデータを送信することが可能です。スキャナーを持っていれば、紙に描いたイラストをパソコンに取り込めます。インターネットを通して依頼先と連絡を取ることができれば、どこで暮らしていてもイラストの注文を受けられます。また、ホームページを開設してイラストをアップすれば、自分の作風をアピールすることができます。出版社や電子書籍の配信会社、広告会社など、イラストの仕事は需要が増えていますので、積極的にPRする方法は有効です。

イラストを独学で描いていると壁にぶつかる事が多いですが、イラストの講座で客観的に添削してもらえると上達が早くなるでしょう。