時効援用で借金を帳消しにする方法を知ろう

借金の時効はどれぐらいの期間なのか

借金は確実に返済することが理想ですが、何等かの理由でその返済が滞っているという人は少なくありません。そして、滞納している間にも利息はどんどん増えていき、さらに解決が難しくなってしまいます。長期に返済が滞っているという人も、いつまでも返済から逃げ回っているというわけにはいきませんので、解決策を考えておきたいところです。かなり以前に借金をしたという場合はすでに時効になっている可能性がありますので、借用書などの書類を調べてみましょう。どのぐらいの期間で借金が時効になるのかも知っておきたいですが、消費者金融や銀行、クレジットカードなどの場合は5年、さらに信用金庫や公庫、個人からの借金の場合は10年程度とされています。

内容証明郵便で通知書を送る

時効の期間が過ぎていれば借金は帳消しになるのかというと、そうではなく時効の制度を利用することを相手に伝える必要があり、これを時効援用と呼びます。時効援用をすることで初めてお金を貸した相手の権利が消滅しますので、放置していて借金が帳消しになるということではないことは理解しておきましょう。この制度は借金をしている本人はもちろん、保証人も利用することができます。時効の援用は口頭でも伝えることができますが、証拠が残らないと後でトラブルに発展する可能性もあります。そうしたトラブルを避けるためにも、内容証明郵便を活用することがおすすめです。相手側に書類を送るだけではなく、郵便局と自分の元にも証拠となる書類を残せます。とはいえ、時効は中断されることも多く時効で借金を帳消しにするのは難しいものもあります。時効を成立できない場合は債務整理など別の方法での解決も考えてみてはいかがでしょうか。

「時効援用」とは、援用権者が債権者に対して、時効が成立したことを主張することです。具体的には、消滅時効を援用するという旨を、内容証明郵便で郵送する方法で行います。