ビットコインの取引の特徴と利益が出た時の税金

取引所で簡単に購入できる

ビットコインは取引所を利用すれば誰でも簡単に取引する事ができます。ネット証券と同じで口座を開設して入金すればその範囲で現物取引ができます。取引所によっては入金した資金を証拠金として信用取引ができる取引所もあります。

ネット証券会社で株式を取引するのと違うのは利用する取引所によって同じビットコインでも少し取引価格に差が出る事です。ビットコインは株式と違って一つの取引所だけで売り買いされている訳ではなく、各仮想通貨の取引所で売り買いされています。ネット証券会社で株を購入したり売却する時は証券会社が証券取引所に買い注文や売り注文を出す仕組みなので、手数料以外は利用する証券会社によって売ったり買ったりする価格に差が出る事はありません。しかしビットコインは各仮想通貨取引所で売り買いされているので、取引所によって同じビットコインでも価格差が生まれます。

ビットコインの税金に関する注意点

ビットコインで得た利益は株式で得た利益とは違って雑所得として扱われます。雑所得として扱われる事で株式投資のように損益通算をする事ができません。そのため3年間でトータルすると損失が出ている場合でもそのうち一年間でも利益が出ていれば税金の支払いが必要になる可能性があります。

現金への交換だけでなくビットコインを他の取引所や他の仮想通貨に交換した場合も差額で利益が出れば課税対象になります。またビットコインを物品に換えた場合もビットコイン購入時と物品交換時の差額が課税されます。

ビットコインでFXをするなら少額から始めましょう。値動きの激しいビットコインで一気に投資してしまうのはリスクが高いからです。