どんなトラブルもお任せ!弁護士が対応する案件紹介

労働問題などの雇用トラブル

労働問題には様々なトラブルがあります。代表的なものとしては不当解雇や不当な退職勧告などの重いものから残業代の未払い、さらにはパワハラやモラハラなどのハラスメント問題が挙げられており、個人の力では解決できないものが多いのが特徴です。
だからこそ弁護士によるサポートが重要だと言われていて、自分たちの代りに会社に対して交渉してもらうことが可能となっています。場合によっては裁判に発展しても対応してもらえるのはもちろん、交渉や裁判後に不当な扱いをされないように交渉してもらえるところがメリットです。

増えているからこそ多様化している離婚トラブル

日本では、年々離婚する夫婦が増えていると言われています。その結果離婚をする際のトラブルも増えており、その内容は多様化してきている傾向があるのです。そのため当事者である夫婦だけでは解決できないトラブルも多いですし、不倫や浮気など夫婦以外の第三者が絡んでいる場合は泥沼化してしまうケースも珍しくありません。
このため法律の専門家である弁護士を立てた方がトラブルも解決しやすいと言われていますし、早めに弁護士に介入してもらうことでトラブルそのものを予防できる場合もあります。

複雑な人間関係による相続トラブル

そしてトラブルの中でも人間関係が複雑なものになりやすく、泥沼化しやすいのが相続トラブルです。金銭が絡んでいるトラブルは単純な人間関係を複雑にしてしまうケースも多く、相続人同士でトラブルが起きやすいと言われています。
このため相続の話が出た時点で、弁護士を立てておくのがトラブル予防や対策に必須だと言われています。また相続に関係する相談や対策についても弁護士からアドバイスや指導をもらえるので、事前対策としての需要が高い傾向があるようです。

mikataとは法的トラブルから身を守るための弁護士保険のことをいいます。この保険に加入していると法的トラブルが発生した際も、問題の早期解決に向けて様々なサポートを受けることができます。